たっぷり遊べる!体験キット全員プレゼント♪
女性入院保険フェミニーヌ
楽天写真館:写真プリント12円

過去

14歳の母(4)

「14歳の母」第4話、見ました。

学校でみんなに「子どもを産む宣言」をした帰り、学校から出たところで未希(志田未来)は加奈子(田中美佐子)に手を差し出します。
加奈子はその手をじっと見つめてしっかり握り締めます。
笑顔で微笑んで2人で手をつないで歩き出しました。

加奈子さん、未希に産ませる決心がついたんでしょうね…。
ツライ決断になりました。

空港から外国に出国しようとしていた智志(三浦春馬)は、未希だけがつらい思いをしていることに申し訳なさを感じて、飛行機に乗るのを取りやめました。

改めて的場クリニックに訪れた一ノ瀬親子。
「産む決心」をした未希の出産の手助けをしてくれることになりました。

「わたしもう泣きません。信じてください!」

未希のために、反対したくても反対しきれないお父さんの忠彦(生瀬勝久)の苦悶の表情が痛々しいですね。
眉間に深いしわが刻まれてましたふらふら

学校での職員会議の後、担任の遠藤先生(山口紗弥加)が一ノ瀬家に訪ねてきました。
「学校ではすごい騒ぎになっている。自主退学してほしい」

「何かしてほしいことある?」
【生徒には勉強を教えるだけ】という遠藤先生がこういう言葉をかけるとは意外でした。
柳沢真由那(谷村美月)とのやりとりで、過去になにかあるんだろうと思ってますが、そこはまだ明かされてないですね…。

桐野静香(室井滋)が一ノ瀬家に智志を探しに乗り込んできました。

「まさか、産むって言うんじゃないでしょうねちっ(怒った顔)
迫力ありますね〜。
捨て台詞まで吐いて帰っていかれました(^-^;)

自宅に帰った静香の家に、週刊トップ編集長の波多野(北村一輝)が記事を持って現れます。
「次号に載る」という波多野に
「載せたらぶっ潰すパンチ
と凄んでました…。
子どもを守るためだったら鬼にでもなれるんですね〜、母親は。

いなくなった智志を探すために出かけようとした未希の元にマコト(河本準一)から電話がかかってきます。
智志の居場所は「ギターショップ HINA」
未希は「これで最後だから…」と会いに出かけます。

マコトがいい緩衝材になってくれてますね。
当事者だけだと見えにくくなるけど、その間に2人のことをよく分かってくれているマコトが入ることでスムーズに事が運んだようです。

「俺になにができるのかな…」
「生きてて。それでいい」

それでも智志は
何も出来ない自分にイラだっていました。
「なにも出来ないなんてサイテーだちっ(怒った顔)

産むにしろ産まないにしろ、最後の決断を下すのは未希です。
ホントに智志にできることは何一つないんですよね…。
責任ってなんでしょうね?
考えても答えが出てきません…。

来週は週刊誌が発売されて、未希の家族も智志自身もひどい中傷にあうようです。
(最近テレビをにぎわせているいじめ問題の凝縮版みたいですねあせあせ(飛び散る汗)
だんだん重い雰囲気になってきましたがく〜(落胆した顔)
この記事へのコメント
こんばんは。
見るほどに?が増えていきます。
健太の気持ちが良くわかる回でした(笑)
mari
mariさん
コメントありがとうございます。
だんだんレビューするのが難しくなってきましたね(^-^;)
14歳の「産む」という決断には戸惑うばかりです…。
私も健太が一番正論を言ってると思いました(笑)
光由希
コメントありがとうございます。

僕も未来と同じ世代ですから本当に痛いほど未来と智志の気持ちがわかります。

かれからどんどんレビュー難しくなると思いますが頑張っていきます。

光由希さんも頑張ってください。
今後ともよろしくお願いします。
doramazuki18
こんにちは。
母として、あんなに簡単に産む事に賛成出来るものですかね…
ドラマならではという感じがしました。

私も産みたい!という中学生とか増えませんかね。

nao
まいどです。 今度からはドラマとして割り切って見れるようになってきましたね。 
始めに思っていた展開とはずれてきているように思えた今回。 次回以降はわかりませんが、やはり先が気になるのでこのまま見続けます。
タイガーです(o`・ω・)ゞ 敬礼♪
doramazuki18さん
コメントありがとうございます。
未希と同世代の方たちがこういう事について考えるためのドラマだと思います。
ぜひしっかり見て一生懸命考えて見て欲しいです。
応援ありがとうございます。
お互い頑張りましょう。

naoさん
母として、そんなに簡単に「産んでいい」という結論には達せないと思います。
現実には中絶できる時期を過ぎて産まざるを得なくなった人たちが産むぐらいだと思います。
やはりドラマ、「産む」という方向じゃないと話が進まないですもんね(^-^;)
しかし、難しいテーマです…。

タイガーさん
コメントありがとうございます。
ドラマと割り切ってでないと見れなくなってきましたね…。
未希の「産むこと」が正義のような作り方は納得できません(^-^;)
でもどういう結末に持ってくるか、最後まで見届けましょうね。
光由希
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27127668
この記事へのトラックバック
14才の母第五話
「バイバイ…初恋が死んだ日」 ママの過去形モノローグは、娘が子供を産んだ日に心の中で語りかけている設定なのかな?相変わらず未希がいなくなってるっぽい雰囲気が気になる。まぁいいんだけど。 ..
ブログ名LOVELY TELLY*TVな毎日

14才の母 第5話 バイバイ・・・初恋が死んだ日
(━_━)ゝウーム  なんだか先週までと違って、違う展開になってきたような感じがしてきました(・へ・;;)うーむ・・・・ 14才で子供も産む・・・って事の大切さ・・・と感じなくなってきたような気がす..
ブログ名レジェンド オブ ウルトラマン(*^-^)ゞドラマレジェンド(o`・ω・)ゞ

14才の母(第5話)
「例えどんなに険しい道だろうと、ミキを見守っていこう」と決めた母。 母、強し。強すぎる、、、。 わたしだったらやっぱり、 「娘の希望を尊重したい」なんてそんな寛大な結論、 きっと出せないと思います。..
ブログ名霞の気まぐれ日記

14歳の母第5話
「14歳の母」第5話を終えて doramazuki18のコメント 第5話終了しました。 未希は学校でみんなの前で自分は赤ちゃんに会いたい、産みたいと告げる。 そしてお母さんと手..
ブログ名doramazuki18??テレビマニア??のブログ

14才の母:第5話
タイトルは「14才の暴走」がいいと思えてきた(笑) いかん、ニュートラルな心で見れなくなってきた。 今回も未希の暴走は止まらない。 産婦人科では、忠彦必死の説得も空しく 「がんばらせてくだ..
ブログ名日常の穴

14才の母 第5話 「バイバイ…初恋が死んだ日」
「お腹の赤ちゃんに逢いたいから産みたいの。」学校からの帰り道、加奈子(田中美佐子)と手をつないで帰る未希(志田未来)。ちょっと照れた笑顔。無言だったけど、いいシーンでした。
ブログ名テレビお気楽日記

僕らの音(14才の母#5)
Hi! Everybody!みなさんごきげんいかがですかぁ?σ(●゚∇゚●)は、季節の変わり目で自律神経がやられて体調ワルギスです(爆)ところで、ツナってどう食べますかぁ?ツナサラダ? ツナサンド? ..
ブログ名|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο

河本準一 週刊誌
14歳の母(4) ... いなくなった智志を探すために出かけようとした未希の元に...
ブログ名れいなのつぶやき

河本準一 週刊誌
14歳の母(4) ... いなくなった智志を探すために出かけようとした未希の元に...
ブログ名ごうの日記

河本準一 週刊誌
14歳の母(4) ... いなくなった智志を探すために出かけようとした未希の元に...
ブログ名くみこの出来事


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。