たっぷり遊べる!体験キット全員プレゼント♪
女性入院保険フェミニーヌ
楽天写真館:写真プリント12円

映画(テレビ放送)

陰日向に咲く 観てきました。

劇団ひとりさん原作の「陰日向に咲く
」を劇場でみて来ました。
原作を読んだのは、ほぼ2年ぐらい前なので、面白かったっていう思いはあっても内容はうろ覚えでした。

でも映画を観ながら、こうだった、ああだったと思い出して、その対比とを楽しみました。
自分的には原作のままやってほしかったと思いますが、映画は映画で面白かったです。

映画では原作でのオムニバスによる全部のつながりという一番いい部分がなくなってました。
だけど、親子の情愛とか気持ちの持ち方とかをすごく感じる映画にしあがっていました。
原作では泣くことはありませんでしたが、映画ではせりふに説得力があったので、自然に涙が出てきました。
緒川たまきさんの手紙の朗読部分とか、やっぱり一番泣けましたね〜。
岡田准一くんのシンヤもダメさ加減が絶妙で、やっぱり上手だと思いました。
伊藤淳史くんの雷太はネタの寒さがリアルに伝わって、「あぁ、この人才能ないんだね」をしっかり感じることができたので、伊藤淳史くんの演技力は抜群なんだなと実感しました。
「もう一度みたい映画か?」
と聞かれると「否」と答えますが、もう一度原作を読んだら違う発見があるよなぁと思ってます。
でも買うほどではないので、図書館での順番をまちたいと思います。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/82043387
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。