たっぷり遊べる!体験キット全員プレゼント♪
女性入院保険フェミニーヌ
楽天写真館:写真プリント12円

ちょい過去

有閑倶楽部第1話「いよいよ参上!ダンスマル秘大作戦」

有閑倶楽部第1話「いよいよ参上!ダンスマル秘大作戦」観ました。

私は有閑倶楽部の原作が「りぼん」で連載していたときからの古いファンなので、有閑倶楽部のドラマ化は正直微妙…です。
大昔に月曜ドラマランドというフジテレビのドラマ枠で、1回だけ実写でやったのを覚えてます。
当時小学生だったと思いますが、おにゃんこ全盛のころで、剣菱悠理役が国生さゆりさんでした。
話の内容はどんなだったか忘れてしまいましたが、剣菱悠理役の国生さん、子どもながらに「合ってない(^-^;)」と思ってました。
今回赤西仁くんが演じている松竹梅魅録役が豊原功輔さんでした。
豊原功輔さんが他のドラマにまだチョイ役で出てたころ、「魅録やった人だ〜」と思ってた記憶があります。
なので、この時の有閑倶楽部で一番覚えてる事は松竹梅魅録=豊原功輔ってことだけです(笑)

今回の有閑倶楽部は主役になっている松竹梅魅録役の赤西仁くん一番原作から遠いキャラになっちゃってます。
せめて髪は短髪にしてツンツン立った頭にして欲しかったな…。
ザンネン。
剣菱悠理役の美波さん。
原作の悠理そのものじゃないですか〜?
フランス人のお父様と日本人のお母様との間に生まれた日仏のハーフで、フランス語も堪能なんです。
特技が護身術で、身のこなしも軽く、そんなトコロも悠理っぽい。
いままで存じ上げてなかったですが、有りな感じです。

菊正宗清四郎が関ジャニ∞の横山裕。
見た目は清四郎っぽい気はしますが、実年齢が完全に高校生じゃないですよ。
うたばんで26歳って言ってました。

美童グランマニエがKAT-TUNの田口淳之介くん。
金髪に染めてますけど、やっぱ無理。
違い過ぎます。
原作とは別物と思って諦めます。

白鹿野梨子の香椎由宇さん、黄桜可憐の鈴木えみさんは原作のイメージに近い感じでしたね。

松竹梅時宗の鹿賀丈史さんや剣菱万作の片岡鶴太郎さん、剣菱百合子 のかとうかず子さんなど、脇を固める俳優さんは大御所で見所十分です。

原作は相当ハチャメチャなので、それに負けないハチャメチャさ加減を大いに発揮してもらいたいです。

ちょい過去

ガリレオ第1話「燃える」

ガリレオの第1話「燃える」を観ました。
福山雅治さんの久々の主演で、月9ということで前評判もかなり高かったようですが、視聴率もココ最近の月9でもトップクラスの好スタートだったみたいです。

私が読んだ湯川学准教授が出る東野圭吾作品は、容疑者Xの献身だけです。

その印象では福山雅治さんのイメージは全くなかったし、草薙役の北村一輝さんも全然イメージ違いました。
でもどっちもカッコよくて、それだけでヨシっ!て感じでしたけど(笑)
それにしてもコレだけイケメンが居る中で、弓削刑事役の品庄の品川裕さんはひどいです…。
アップは耐えがたい(^-^;)
バラエティでそこそこイケメンって言われる芸人の中に居るときにはそれほどに思わなかったんですが、福山雅治さんや、柴咲コウさん、北村一輝さんの中に入るととんでもないことになっちゃってました。
演技云々より、そんなことが気になってしまいました(汗)

ガリレオ自体は古畑任三郎っぽい展開なんですかね。
最初に犯人が解る状態で事件が起こって、それを古畑さんじゃなく、福山さん演じる科学者の湯川学が実験や検証をして解決するんですね。
毎回ゲストが犯人って感じだとしたら、そこも古畑とかぶります。

犯人が解っているのでドキドキ感はありませんが、中々楽しめた初回でした。

ちょい過去

牛に願いを 第1話

牛に願いを 第1話、見ました。

かなりゆる〜いドラマのテンポですね〜。

そして、玉山鉄二のナレーション…ちょっとイヤです。
こんなウジウジした男、大嫌いです!

北海道の農場に実習に行く事になった、農業大学の学生。
メンバーは、小出恵介・中田敦彦・戸田恵梨香・香里奈・相武紗季・玉山鉄二の計6人。
タラタラした行動にはイライラします。
ホントの農大の人からクレームが来そうな初回でしたね。

小出恵介くんは、「おいしいプロポーズ」でイイカンジ♪と気に入ってたんですが、今回の役どころは微妙。
ヘンな七三分けの髪型が、さらに微妙さをかもし出してます(^-^;)。
まだ「のだめカンタービレ」の時の真澄ちゃんの役の方がよかった…。

話の内容も、牛の乳絞りで注意を受けていた相武紗季が怪我をしたため、代理で行った戸田恵梨香がヘマをやらかす。
先が読めた展開っていうのもツライ。

今回の良かったシーンは、子役の森永悠希くんの泣きのシーンと牛の出産シーンです。
子役の森永悠希くんは、映画「しゃべれども しゃべれども」で落語をやってのけた子です。
(落語指導の柳家三三さんが映画の中で一番良かった落語は、森永悠希くんがやった落語だったとも言ってました。)
泣きの演技が自然で、泣かされて泣いたんじゃなくて、感情移入して泣いた演技だったですよ。
大人でも出来ない名演です。
牛の出産シーンは、演技なんかじゃないホントの出産なんだから、感動してあたりまえですよね。

あと、小日向文世さん演じる寺西悠太郎先生が、愚痴る学生に怒鳴りつけて怒るんじゃなく、静かに事実を伝えて諭す場面が印象的でした。
私だったらあんな学生たちにはブチ切れて怒鳴りまくってると思うと、寺西悠太郎先生ってすごい人だ〜と感心しちゃいました。

感動の出産シーンのあと、最後に玉山鉄二のナレーションで終わってましたが、セリフが中途半端過ぎて「はぁ〜???」って感じでした(T_T)

でも主題歌のマッキー(槇原敬之)の曲GREEN DAYSは文句なく好きです(^-^)v

ちょい過去

ライアーゲーム敗者復活戦終了

ライアーゲーム第8話で敗者復活戦が終了しました。
秋山さん(松田翔太)の作戦を断り、みんなが幸せになれる方法を考えた直(戸田恵梨香)。
キレイ事のような気もしますが、それが直のいいところ。
エトウコウイチさん(和田聰宏)と直の最後のやりとりはちょっと感動しちゃいました。
秋山さんが直に何か言うのかな〜ともったいぶって結局「行くぞ」だけだったのには直じゃないけど拍子抜けしちゃいました。
「バカ」的なことでも言われるのかと思ったんですけどね。

今回1番面白いライアーゲーム。
通常45分という他のドラマより15分短いドラマなんですが、短さも感じさせずハラハラドキドキがちょうどいい。
そして次回に続くっていうテンポがすごく心地いいです。
6月23日の最終回はなんと3時間の拡大スペシャルという宣伝をレロニラさんがしてましたね〜。
45分番組が3時間のスペシャルっていうのはすごいことだと思います。
かなり期待されてるドラマなんでしょうね。
公式HPで
「3時間スペシャルでは、怒涛の展開が待つ結末はもちろん、“ライアーゲーム”が開催された理由をはじめとする多くの謎が明かされていく新たに制作されたサイドストーリーをベースに1話〜10話までのストーリーも一挙放送します。
さらに最終回スペシャルに登場する“ライアーゲーム”の首領であるハセガワ役には北大路欣也さんが決定。ハセガワの登場で“ライアーゲーム”のすべてが明らかに!!」
「神崎直(戸田恵梨香)とハセガワの関係、秋山(松田翔太)が3年前に倒したと思っていたマルチの正体、そして直と秋山が巻き込まれたライアーゲームの真意とは…?
衝撃の最終回は6月23日(土)午後9時〜11時55分放送です。お見逃しなく!」
ここだけ読んでも「絶対見なくては!!」と思わされる内容です。
今まで見たことのない人でも最終回だけみれば内容が分かるようになってるんじゃないでしょうか?
まだ9話、10話が残ってますが、最終回が待ち遠しいドラマです(^-^)v
【予約】 LIARGAME 1〜4巻セット

ちょい過去

放送中止

セクシーボイスアンドロボ第7話、放送中止でしたね…。

先日の民家立てこもり警官射殺事件があったばかりのタイミングで「立てこもり」の話。
タイミングが悪いにも程があります(^-^;)

主演の大後 寿々花ちゃんや松山ケンイチくん、ましてやゲストのモロ師岡さんが悪いわけではありません。
悪いのは立てこもりして人質をとり、挙句の果てには警官の林一歩さんを拳銃で射殺した大林容疑者が全部悪いのです。

残念ですが、取り扱った題材のタイミングが悪かった。

元気出してね。

大後 寿々花ちゃん、松山ケンイチくんb(^-^)d

ちょい過去

ヒミツの花園 最終回

「ヒミツの花園」最終回、見ました。

このドラマ、レビューは一切してませんでしたが、毎回見てました。
最初はテンポが乗り切れなくて、いまいちのドラマだと思ってたんですが、後半はかなりおもしろかったです。

兄弟の関係がきっちりはまって、ほのぼのしましたね〜。
陽くん(本郷奏多)めちゃめちゃ可愛かったし♪
修さん(池田鉄洋)と智(要潤)の掛け合いもGOOD!
最終回の航さん(堺雅人)と月山ちゃん(釈由美子)のイチャイチャぶりもくすぐったくなるぐらいで、最近忘れてる付き合い始めの初々しい気持ち思い出しちゃいました(^-^)v

しかしみすずちゃん(松岡瑠奈子)の存在は、いまいち解せません(^-^;)
航さんの絵が好きだっちゅうのは解りましたが、航さんが困るようなことばっかりしてましたもん。

花園百合子は解散して、みんなやりたいことをやるために再出発しました。
またいつか会える日が来るかも?っていう終わりでしたね〜。
楽しませてもらいました(^-^)

ちょい過去

華麗なる一族 最終章【後編】

華麗なる一族 最終章【後編】見ました。

前半部分はまったり過ぎましたね〜。
裁判シーンも、銭高さん(西村雅彦)証言で急展開かと思いきや、会社更生法適用で新しい管財人に帝国製鉄の和島(矢島健一)が就任し、提訴の取り下げで裁判中止…。
倉田弁護士(萩原聖人)もそれ以降まったく出ず(^-^;)

大介(北大路欣也)と鉄平(木村拓哉)の話し合いも熱いバトルか?と思いきや、さほどのこともなく…。

鉄平の山での何日間かは眠気をまたまた誘われました〜(-_ゞ ゴシゴシ

鉄平の遺書を読んで号泣した早苗(長谷川京子)の泣き顔は、予告通りの不細工加減でした。
どんな美人でも大泣きすると不細工に見えるんですね〜。
もともと不細工だとどんなことになるんでしょうか(^-^;)

鉄平が猟銃で自殺後、警察にて遺体の確認を皆がしてました。

鉄平の血液型がB型だったことから、大介と寧子(原田美枝子)の子どもだった事が判明。
鉄平の死はある意味無駄死にでした…。

鉄平に謝って号泣している寧子さん。
こちらは全然不細工ではなく。。。
泣き方でしょうか???
このシーンはやっぱり泣けました。

諸悪の根源は大介ではなく、敬介だったんですよね…。
みんな被害者でした。

新銀行設立の披露パーティで美馬(中村トオル)が永田大臣(津川雅彦)にさらなる新銀行の立ち上げ話をしてました。
栄枯盛衰。因果応報。
今度は大介が飲まれる番のようでした。

最後、将軍も池に浮かんでましたね。
鉄平の投げた石に当たって死んだんでしょうか?

阪神特殊製鋼の高炉に火が入り、今でも鉄平の夢は燃えているとテロップが出てました。
鉄平の夢をみんなが引き継いでくれたっていうことですが、やっぱり主人公が死んでしまうというのは納得できる終わりではなかったです。

視聴率、最終回はとってもよかったようで、キムタクも面目躍如ですね。
なんだかんだでちゃんと最終回まで見届けれてよかったです。

ちょい過去

華麗なる一族 最終章前編

「華麗なる一族 最終章前編」見ました。

荘厳な音楽がバックで大音量で流れながらの裁判シーン、難しい言葉ばっかりでなんだか眠気が…〜(-_ゞ ゴシゴシ
マジメな内容過ぎて重苦しい…。
そして堅苦しい言葉を話す鉄平(木村拓哉)の滑舌が(^-^;)
口が回ってなくないですか?

今回は何か頭に入らない回だったな〜。
最終回の1回前なのにナゼか盛り上がらない。

銀平(山本耕史)との兄弟シーンもさして感動もなく…。

銭亀さん(西村雅彦)が証言者として本当のことを証言してくれてましたが、銭高さんの命が心配になっちゃいました。
大介(北大路欣也)さんに殺されそう(^-^;)

最終回、鉄平は雪山で死ぬんでしょうか?
それならあまり納得の行かない最期ですが…。
予告の早苗(長谷川京子)の号泣シーン、不細工&寒すぎ。

ちょっと辛口過ぎでしょうか…。
でも期待してたのと違う(T_T)

ちょい過去

消えた思い出

「花より男子2(リターンズ)」第10話、見ました。

自殺したと思っていたケン内田(鶴見辰吾)と道明寺(松本潤)が街中で出会ってしまいます。
自殺は母親楓(加賀まりこ)に仕組まれた策略でした。
ケン内田の視線があまりに鋭いので、道明寺が刺されてしまうのかと思っちゃいました…。
全然違ったけど(^-^;)

岸壁から飛び降りようとしたおじさん(山本學)をつくし(井上真央)が引き止めて説得してました。
このおじさんが発明したコンピューター関係の部品が、道明寺グループを救ってくれるんでしょうね。
大河内財閥と合併破局でどうやってまとめるのかと思ってたんですが、何とかなりそうで良かったです。

道明寺の記憶喪失、成り方が全然違ってましたね…。
進(冨浦智嗣)の転落をかばって道明寺が頭を打つ。
石で頭打っちゃったんでしょうか?

病室で目を覚ました道明寺、すっかりつくしのこと忘れてました。
記憶喪失ってわかってても、あんなに上から物を言う人、好きでいれますかね(笑)

病院で入院している中島海(戸田恵梨香)とぶつかったつくし。
「友だちになろ♪」といきなりでしたね〜。
道明寺にもなれなれしく話しかけ、「すげーなぁ…」って漢字でした。

原作者の神尾葉子さんのコメントで、海を好きだってお便りが全くなかったと書いておられましたが、映像にしてみると余計でした。
ほんとにカチンと来る感じ。
類(小栗旬)じゃなくても怒鳴りたくなりますよ(^-^;)

来週は最終回ですね。
雪山でつくしが遭難するようですが、これは原作では前半部分ですよね…。
なんだかメチャクチャ混ぜくり返したような感じですが、上手くまとまりますでしょうか…。
視聴率もトップに躍り出てますので期待が膨らんじゃいます♪

ちょい過去

鉄平出生の真相

「華麗なる一族 鉄平出生の真相」観ました。

かなり前からひっぱっていた鉄平(木村拓哉)の出生の真相、ようやく明らかになりましたね。
今回は将軍も出て、より【敬介の子ども】ということが強調されてました。
鉄平が寧子(原田美枝子)に「僕の父親は誰ですか!!」と詰め寄った場面、泣けてきちゃいました(T_T)
大介(北大路欣也)もつらい立場ですよね…。

財産が全てなくなるからと早苗(長谷川京子)に実家に帰ることをすすめたけど、早苗はキッパリ断ってました。
「私は何があっても万俵鉄平の妻です」
なかなかそこまでは決断できませんよね。
「金の切れ目が縁の切れ目」って言う言葉があるくらいだし。
早苗さん、妻の鏡です。
見習いたいものです(^-^;)

会社で寝泊りしている鉄平の元に銀平(山本耕史)が酔って訪ねます。
父親に愛されなかった鉄平とただ父親に愛されただけの銀平。
どちらも切ないですね。
「まだ負けてない!!」
と銀平を抱きしめた鉄平。
実際の関係はややこしいですが、麗しき兄弟愛です。

裁判、鉄平勝てるんでしょうか…。
どうか倉石弁護士(萩原聖人)が敏腕弁護しでありますように。

先週はちょっと眠気に襲われたんですが、今週は面白く見れました♪
後輩の嵐、松本潤君のドラマ、「花より男子2リターンズ」に視聴率抜かれて業界は戦々恐々らしいですが、最終回までに盛りかえすことができるんでしょうか?
その辺りのこともちょっと気にしながら見ちゃってます(笑)

ちょい過去

天海祐希、主演ドラマ打ち切りか?

「演歌の女王」が大苦戦しているそうですね。
天海祐希さんといえば、ドラマは軒並みヒットとばして、「演歌の女王」も結構前評判は高かったですよね〜。
でも結果は惨敗。
しかも打ち切り説まで出てるそうです。

ニュースソース

私も主題歌の感じは好きだし、エンディングで流れてるPVみたいのはすご〜く好きなんですが、内容はいかんせん感情移入できませんね。

ひまわりの周りの人がきつい。
ヒトシ(原田泰造)はチャランポランで決まり文句が
「生きててゴメンね(^-^)」ですからね〜。
続いて真佐美(酒井若菜)
こんな人、痛すぎます。

未だにヒトシの前妻の子、信(武井 証)と住んでるのも???だし。
ひまわりは完全に関係ないのに、一緒に住むってありなんですかね?
弟の勝也(黄川田将也)も全然可愛くないし。
お母さんの高畑淳子さんはすっごく似合ってますが、こんなお母さんいやです。

一応見始めてもう中盤ですから見続けますが、打ち切りの話が出てもおかしくないドラマの完成度ですよね(^-^;)

ちょい過去

運命を分けた死

「華麗なる一族」第5話、見ました。

今回は少し展開がありましたね。
高須相子(鈴木京香)の弟(宮川一朗太)と出会って、過去のことが少しわかったり、大川一郎先生(西田敏行)がなくなったり、鉄平(木村拓哉)が万俵大介(北大路欣也)を狩りの最中誤射したり。
CMでは鉄平が大介を撃ち殺したのかと思いましたが、ただの怪我。
大介の倒れ方、ちょっと大袈裟でしたね〜。
まあ銃で撃たれたことはないので、もしかしたらかすり傷でも倒れるぐらいの衝撃があるのかも知れませんが(^-^;)

高須相子役の鈴木京香さん、すごくお上品に話されますね。
今回の女性人の中で一番品のある感じがします。
寧子(原田美枝子)さんも上品ですが、おとなしい役であまり主張してないですもんね。
鈴木京香さんは色気と上品さを兼ね揃えてて、すごく惹かれます。
今週は将軍の出番がなかったですね〜。
ちょっと寂しかったりして(笑)

ちょい過去

小松政夫さん

「ハケンの品格」も第5回が過ぎました。

篠原涼子さんはやっぱり持ってる資格が???って感じ。
普通エレベータの点検技師の資格ってとりますかね?
派遣社員に必要な資格なんでしょうか…。
毎回資格とか突拍子もなくて、すでに現実離れした感じ。

大泉洋さんの演技は、キレ気味のテンションで大声でってパターンは毎回だし、小泉孝太郎さんの声は低すぎで聞き取り辛いし…。
そして何と言ってもこの会社の人たち仕事しなさ過ぎ(^-^;)
「ちゃんと仕事してくださいね!!」

今回は小松政夫さんがいつものヘラヘラした感じではなくて、マジメな雰囲気をかもし出していたので、すごく泣けちゃいました。
「引き際は自分で決めたい」ってかっこよかったけど、大前春子さんの言うように「しがみついて」欲しいですね。

ちょい過去

拝啓、父上様

「拝啓、父上様」は第1回から現在まで欠かさず見てます。
二宮和也君の演技は上手いし、見てて面白いんですがいまいち乗り切れてません。
でも今期の木曜日にやってるドラマの中では一番でしょうか。

ドラマの舞台になっている「神楽坂」私の住んでいる地元の環境に良く似ています。
古いものが良しとされている街で、新しいものを嫌がる風潮とか似てます。

八千草薫さんお茶目ですよね〜(^-^)
家出が見つかったとき、梅宮辰夫さんに連れ戻される前、
「まだおみかんいただいてないの」
「お待ちしますから」
「このおみかん、どこのかしら?」
いさぎ悪さが可愛かったです♪

二宮君が黒木メイサちゃんとパリに行っている場面の想像シーン、ひどい合成っぷりでしたね(^-^;)
昔ディズニーランドへ行ったときに記念で撮った、ミッキーたちとの合成写真思い出しちゃいました(笑)

高島礼子さん演じるゆきのちゃんもサバサバしてて好きです♪

トキオ役の横山裕くんは最初どーなるんじゃ?と思ってましたが「トキオ」として上手くはまってきました。

かなり地味目ドラマですが、最終回まで見れると良いな♪
(前回「優しい時間」の最終回だけ見逃した苦い過去があります汗)

ちょい過去

引き裂く運命

「華麗なる一族」第3話、見ました。

今回は高炉建設の費用を工面する回でした。
最初の鉄平(木村拓哉)と大介(北大路欣也)の場面は緊迫していたので、やり取りにドキドキして見入っていたんですが、中盤部分はちょっと眠気が…〜(-_ゞ ゴシゴシ
何がいけなかったんでしょうか(^-^;)
特に稲森いずみさんと木村さんの絡みの時が一番眠かった!(笑)

やっぱり北大路欣也さんの演技は土迫力、威厳がありますね〜。
木村拓哉さんは完全に圧倒されてます…。
殴られた後の演技なんかは今まで何度も見たことのある、キムタク風の殴られ方なんでイマイチ。

阪神銀行の死んでしまった支店長、田山涼成さんでしたね。
この人クラスの役者さんでも、一回限りで死んでしまうとは…。
豪華俳優人にも程がありますw(゚o゚)w

銀平(山本耕史)がちょっと投げやりなアウトローっぽい感じなのはツボです。
惚れるなぁ(*^-^*)

今週も将軍ちょっとですが、出てましたね。
やっぱりレギュラー出演なんだ!
逆に出ないと寂しいかも(笑)

ちょい過去

演歌の女王(2)

「演歌の女王」第2話、見ました。

前回はひまわり(天海祐希)のどん底の生活で、今回はヒトシ(原田泰造)の前妻との子ども花田信(武井証)の虐待…。
ブルー入りまくりです(T_T)
信もひねくれまくってて可愛くないですが、それ以上に信の母親。
きつすぎます。
ひまわりが乗り込んだときに信が「ママをいじめるな!」といったときに、タバコを手に持ったまま「ママのところにおいで。もう殴ったりしないから…」とか言ってましたけど…。
絶対虐待するに決まってますよね(_ _lll)ァハハ

次は成海璃子がいじめられてるんですよね。
とことんブルーです。

何か笑えないよな〜。
次は「女王の教室」のパロディっぽい場面が予告で流れてたけど、またまたひまわりの妄想というか、空想シーンなんだろうな…。
いよいよリタイア間際?

ちょい過去

今週、妻が浮気します(1)(2)

「今週、妻が浮気します」第1話、第2話、見ました。

はじめ(ユースケ)が陶子(石田ゆり子)のことをすご〜く好きな気持ちがよくわかりました。
好きすぎて、ほんとのことを聞けない。
聞くのが恐い。
なんだか、まだ付き合って間もない恋人同士みたいですけど…。

なんで奥さんが自分を選んでくれたか思い出せない。
競争率が高すぎて、自分になにもなさすぎて。

今回のGPSでカバン発見とか、ちょっと先が読めた感がありましたが、全体的には面白かった(^-^)

でも奥さん浮気するんじゃないと思うけどなぁ〜。
綺麗すぎる奥さん持つとダンナさんも大変ですね。
ウチでは絶対無い心配だろうけど…逆の意味で(T_T)笑

ちょい過去

過去の悲劇と真実

「華麗なる一族」第2話、見ました。

鉄平(木村拓哉)は高炉建設の決定にこぎつけました。
ちょっと今回はキムタク節が濃かったかと…。

鉄平の妹の二子(相武紗季)と付き合っているのは鉄平を慕っている四々彦(成宮寛貴)でした。
なるほど、なるほど、と感心。

父・大介(北大路欣也)は大蔵省が金融再編の動きを察知し、急遽大蔵省主計局に勤務する娘婿の美馬(仲村トオル)を通じてスパイ工作をするように命じます。

大介は大きなことをしようと目論むたびに、高須相子(鈴木京香)と寧子(原田美枝子)を一緒に抱くんですね…。
精力絶○…(^-^;)
完全にドン引きです( ̄▼ ̄|||)

今回も金の鯉 将軍が登場してましたね〜。
あの鯉も主要キャラ?
毎週出るんでしょうか???
先週は長く写ってたけど今週は短かった分、粗は少なかったような気がします。

登場人物が多すぎで、全員の関係を把握するのが大変ですが。

来週は鉄平が大介の子どもではないことが暴露されてしまうんでしょうか…。
大介の「お前のことを一番に考えている」って言葉が「深いな〜」と思ってしまった回です。

ちょい過去

華麗なる一族

木村拓哉主演、「華麗なる一族」第1話、見ました。

TBSが社運を賭けている、とまで言われているドラマ。
期待度MAXで見てしまいました。

木村拓哉が「キムタク色」全開だったら、キツイな〜と思ってたんだけど、全然そんなことなくて、ちゃんと新しい役になりきってました。

お父さんの北大路欣也さんも迫力満点♪
かなり重厚な厚みのあるドラマでしたね〜。

原作が
山崎豊子
さんっていうのも重要ポイント!!
でも原作は大介(お父さん)が主人公で、鉄平ではないんですよね…。
なので、完全脚本家のオリジナルってことなんでしょうか?

最初新聞とかに「万俵」と書いてあって「まんだわらって変わった苗字」と思ってたんですが、「まんぴょう」なんですね、読み方。
お恥ずかしい(汗)

鉄平が鉄鋼の仕事で銀平(山本耕史)が銀行の仕事っていうのはユーモア?

鈴木京香さん色っぽかったなぁ…。
そりゃ確実に騙されますね〜、お父様も(^-^;)

中村トオルさんは最近売エリートな役が多いですね。
昔はヤンキー高校生だったのにな〜って古すぎますね(爆)

大介が鉄平に愛情を注げないのは、鉄平が自分の子ではないと疑ってるから?
鉄平はおじいさんの子なんでしょうか…。

全体的に重厚な作りだったんですが、ちょっと変と思った場面もしばしば。
イノシシの動き、変でしたよね。
金色の鯉、泳ぎ方変でしたよね。

シリアスなのに、ちょっと現実に戻されたって感じがちょっと…。
でもドラマチックな展開なので引き込まれちゃいました。

視聴率もダントツトップの27%超え!
さすがキムタク。
このまま突っ走れますか、どうか。
楽しみです。

ちょい過去

演歌の女王

「演歌の女王」第1話、見ました。

大河内ひまわり(天海祐希)は売れない演歌歌手。
そして弁当屋のアルバイトもしてる。
犬のウンチを何度も踏んだり、元恋人に騙されてお金を詐欺られたり…。
不幸のどん底ですね…。

見てるこっちもブルー入っちゃいますよ(^-^;)

元恋人でまたまたひまわりを騙す役になぜ原田泰造なのか???
疑問です。

福田麻由子ちゃんはてるてるあしたの時と役が被ってないですか〜?
しかし天海さんとの共演多し。
息ピッタリなんでしょうかね♪

今回の見所は、エンディングの主題歌が流れた場面でしたね〜。
出演者総出でみんなが順番に主題歌を口パク。
そして、歌ってる本人の平井堅まで登場してました。
いい歌なので発売が待ち遠しいです(^-^)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。