たっぷり遊べる!体験キット全員プレゼント♪
女性入院保険フェミニーヌ
楽天写真館:写真プリント12円

ちょい過去

エラいところに嫁いでしまった!

「エラいところに嫁いでしまった」第1話、見ました。

なんか、仲間由紀恵さん、トリックの時と感じが似てましたね〜。

まあ、仲間さんの出世作だから、アリっちゃアリですよね♪

槇村君子(仲間由紀恵)は山本磯次郎(谷原章介)と結婚。
ズボラで断れない君子と、「僕に任せて」と言っときながら何もできない磯次郎。
ハチャメチャだけど、面白かったです!

お母さん(松坂慶子)も独自路線を突っ走ってましたね〜。
天然っぷりがおかしい(笑)
お父さん(本田博太郎)は「うむ」しか言ってなかったし…(笑)
お姉さん(濱田マリ)はすっごくイヤミで。
お兄さんの栄太郎(橋本さとし)は嫁の気持ちがよくわかる。
あなたが言ってくれないと、他の誰も言えませんよ!

ご近所の挨拶周りで野際陽子さん宅へ行った時は、かなり面白かったです。
絶対しゃべってはいけない決まりのお嫁さんに、野際さんが話しかけるかける。
トリックでは野際さんと親子でしたよね〜、仲間さん。

またまた情けない谷原さん登場です♪
かなり失敗してたけど、顔は男前。
がんばって失敗して笑わせてくださいね(笑)

ちょい過去

きらきら研修医

「きらきら研修医」第1話、見ました。

アメーバブログで人気が出で、書籍化された「きらきら研修医」が原作なんですよね〜。

最近、ネット発信のドラマ化多いですね。

CMとかでさんざん見てて、かなり期待して見たんですが、思ったほど面白くはなかったです。

今回は研修医織田うさこ(小西真奈美)が小児科に研修に行き、倉橋(寺島進)のモトで1ヶ月研修するというものでした。

全体的にドタバタドタバタして、あんまり入り込んで見れませんでした(^-^;)
小西真奈美さんも嫌いじゃないですが、声が甲高くて細いので、ドタバタした感じだと聞き辛いです。

この同じクールのドラマで、「ヒミツの花園」に寺島さんが出演されているのを先に見ているので、どーもイメージがねぇ。
同クールのドラマに同じ人っていうのもキツイですね。

次の回からは産婦人科で研修で、川合先生(生瀬勝久)のモトで研修です。
ガチャピンがゲストだったのは面白かったですが…。
(テロップにも「ガチャピン」と出てましたよ♪)

立岡役のウエンツ瑛士くんも薄かったような…。
まだまだこれからですかね?

ちょい過去

花より男子2(リターンズ)

「花より男子2(リターンズ)」第1話、見ました。

年末に「花より男子」の再放送をやっていたので、最終回だけ見てました。
感動の最終回から一転してとんでもない展開ですね〜。

つくし(井上真央)と道明寺(松本潤)が別れて1年後。
つくしの中学時代の同窓会で、同級生のいとことして織部順平(生田斗真)という英徳学園の生徒でした。

順平は原作の後半で出てきてたんですよね…。
道明寺に恨みがあって、つくしを使って仕返しをする。
赤札が貼ってあったは順平の陰謀でした。
しかし、いじめは陰湿ですね。
生卵をみんな1個ずつぶつけたりしてましたが、番組に苦情は来てないんでしょうか(^-^;)

大河原滋(加藤夏希)の登場もありました。
私の中の滋はもっと可愛い感じだったんですが、かなりボーイッシュさが強いですね〜。

F4のメンバーはつくしにすごく優しくなってましたね。
パート1の時より、役柄がしっくり来てました。

西門総二郎(松田翔太)は茶道姿が様になってきました。
特別番組で「花より男子」メンバーがニューヨークに行った模様が放映されてた時に、流暢に英語で話してたのがイイカンジでした。

美作あきら(阿部力)はまだちょっと演技が硬いと思いますが、最初より全然いいですね。

花沢類(小栗旬)は独自の感じですね〜。
原作の花沢類の感じを出すのは相当難しいそうですからね…。

道明寺司(松本潤)は最初全然イメージと違ってましたが、最近は俺様な道明寺に見えてきました。

つくし(井上真央)は原作通りなんですよ。

椿(松嶋菜々子)の「よもぎちゃん」発言はちょっと白々しかった(^-^;)

ちょい過去

ハケンの品格

「ハケンの品格」第1話、見ました。

初っ端からとばしてますね〜、篠原涼子さん。
すっごく嫌な派遣社員演じてました。
正社員の大泉洋さんとの対立も凄まじいですね…(^-^;)

小泉孝太郎さんはなんであんなに情けない役が似合うんでしょうか?
わりと今回みたいな役多いですよ。

加藤あいさんも、ダメ派遣見事にはまってました。
あんな人、実際派遣できたら正社員絶対イラっときますよね。
ウソはいけませんよ、ウソは…。

現在の雇用状況とか的確に捉えてて、正社員と派遣社員とのどっちもの正当性を問いかけてるので、現在専業主婦をしてる私でも、ちょっと考えさせられちゃいました。

どっちが正しい、とかはないですが、みなさんキッチリお自給の分は働いてくださいね〜(笑)

ちょい過去

ヒミツの花園

「ヒミツの花園」第1話、見ました。

このドラマは中々情報が入ってこなかったので、ギリギリなってはじめて知りました。
釈由美子主演で主要メンバーは堺雅人、池田鉄洋、要潤、本郷奏多とかなり地味目…。
視聴率が心配な感じですが…。
設定が漫画家編集の釈由美子、花園ゆりこなる漫画家が堺雅人、池田鉄洋、要潤、本郷奏多の4兄弟が4人で一人。
寺島進さんや真矢みきさんなんかが脇を固めてました。

ストーリーはドタバタコメディで、釈さんと要さんの2人を一緒に見ると、「曲がり角の彼女」を思い出しちゃいました。

まぁ、初回は説明部分が多かったと思うけど、
次男役の池田鉄洋さんがすごい濃い!
注目ですよ〜(笑)

堺雅人さんや、本郷奏多くんなんかはまだまだ謎が多い感じですけど、要潤さんは直球ストレートな感じでしたね。

1個前のドラマの「嫌われ松子の一生」で、龍洋一を演じた中学生の本郷奏多くんと大人を演じた要潤さんの兄弟関係は面白いです。

ラブストーリーが展開するのかは、微妙…な感じですが、釈さんの相手は堺雅人さんでしょうか?
今日の出会いで、真矢さんと要さんの関係も発展するかも?と予想しますが、どーなることやら。

マジメに考えずに見れそうです♪

ちょい過去

東京タワー

「東京タワー」第1話、見ました。
速水もこみちがマー君で、イメージ大丈夫?と思いましたが、さして問題なく見れました。
この間の大泉洋バージョンとは別物として見るべきですね。

オカン(倍賞美津子)とオトン(泉谷しげる)も大丈夫。
幼少時代での回想シーンでも、二人とも一切若作りしないんですね…。
多少違和感ありましたけど(^-^;)

まださわりで、「何」という特別なものはありませんでしたが、まあ最終回まで見れると思います。
(速水もこみち主演のドラマは最後まで見た試しがないもので 汗)

ただ、オカンとマー君の関係はいかがなものか、というぐらいの過保護ぶりでしたね。
ブーブーおばちゃん(浅田美代子)じゃないけど、雅也は甘すぎです!

東京での一人暮らしもとんでもないものになりそうな予告でしたけど…。
あまりオカンに心配かけないであげて欲しいです。

コブクロの主題歌、早速涙を誘う感じでしたね。
発売が待ち遠しい…かな?

ちょい過去

ハケンの品格

今日の朝、「ズームイン」に新ドラマ「ハケンの品格」の主演、篠原涼子さんと、大泉洋さん、加藤あいさんが番組の宣伝に出ておられました。
主人公の篠原涼子さんは、派遣社員ですっごい高ビーな女性のようです。
大泉洋さんは正社員で、派遣社員を見下した感じの人。
加藤あいさんは、新人の派遣社員でトラブルメーカーとのことでした。

篠原さんの役の女性の履歴書を見ましたが、とんでもない感じが大いに出てました。
趣味の欄には「絶対に教えません」とか特技の欄には「多すぎで書けませんが、それが何か?」みたいなことが書いてありました。
自給が3000円で、それに見合う仕事はこなすそうですが、こんな人を雇うって結構勇気いりますよね…(^-^;)

でも今日から始まるので、楽しみに見たいと思います。

ちょい過去

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン

「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」見ました。
いろいろあった曰く付きのドラマですが、ようやく日の目を見れましたね〜。
前知識もないし、原作も読んでないのですんなり見ることができました♪






大泉洋の子ども時代が神木隆之介君というのにはびっくりしましたが(笑)
そして、中学生になった神木君にランドセル…というのも気の毒な。
もうすっかり成長してしまった神木君に寂しい気持ちいっぱいでした(T_T)

ドラマは昭和の福岡の炭鉱町からスタート。
自然な感じで違和感もなく。

オカン(田中裕子)さんとオトン(蟹江敬三)さんの関係は微妙だったんですね。
ナゼ別れないのか不思議でしたが、男女の事は当事者にしか解りません。

大人になって東京に出た雅也(大泉洋)は怒りたくなるぐらいダメな大人になってました(T_T)
同じ美術大学出身の後輩榎本(佐藤隆太)のお母さんから送ってもらった調味料を、大泉さんはマヨネーズを「チューっ!」佐藤隆太はジャムを「ホジホジ」
やめて〜!!っていいたくなる感じでした(汗)
(マヨネーズ大嫌いなんですw)
ここでホントは某○本さんの出番だったんでしょうが、代役は塚地さんでした。
体系がポイントだった?(笑)

「立派な人になる」って言ってた神木君のセリフを「返せ〜!」って感じでしたが…。
真沙美ちゃん(広末涼子)との出会いが、雅也を変えました。
やっぱり恋をすると人間変われるもんですよね。
(私も恋して変わった口です 笑)

オカンの世話好き、ステキでしたね。
みんなといるのが楽しかったんだろうな〜。
東京タワー、上らせてあげたかったけど、オカンは手鏡に写った東京タワーに夢の中ででも上ってたんでしょうね。

大切な「マー君」と「弘治さん」に看取られて幸せな最期だったんでしょうね。
お葬式でのオトンの男泣きが二人の歴史を物語ってました。

オカンの手紙、泣かされました(T_T)
オトンの「栄子はええ女やった…」にもね。

最後、東京タワーに上った雅也。
オカンの気に入ってた真沙美ちゃんと幸せになれそうでした。

久しぶりにほのぼのとした温かいドラマ、見たような気がします。
単純に、温かくなれました。
こーいうドラマ増えて欲しいな〜♪

banner_02.gifランキング参加中

フジテレビの来年1月スタート「月9枠」が、速水もこみち主演で「東京タワー〜オカンとボクと、時々オトン〜」を放送するそうです。
速水もこみち主演の作品をまともに見たことないので、微妙な予感…。
映画はオダギリジョーらしいので、相当比較されるぞ〜。コワ(笑)

ニュースソース→こちら

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。